今年カープグッズ売り上げ50億円!私がどれだけ貢献したか?

日系MJ




Pocket

先日、日系MJ新聞にグッズ売り上げに関する記事が出ていました!

日系MJ新聞11月15日より

球団の年間売り上げの1/3がグッズの売り上げ!すごいですよねファン50億円の買い物!まいどき1個数百円、数千円の商品もそれだけ多くの人が買うとこんな金額になるとは、その中でも優勝記念Tシャツだけで27万枚売れたそうです!

ズムスタ

この新聞の記事では実数でていませんが通常ファンが着ているお気に入りの選手の背番号と名前が入った”レプリカユニホーム”。スタジアムに応援に行く人の大半が着ているこのユニホームも売り上げに大きく、大きく貢献していると思われます。

今でこそ、みんなお揃いの赤いユニホームを着てズムスタ(カープの本拠地の球場)に応援に行くのが当たり前の姿になりましたが、市民球場時代では考えられない光景なんです!

それは市民球場時代に若い女性、子供の姿は今と比べるまでもなく圧倒的に少なく。どちらかといえば、お酒を飲んでヤジを飛ばすおじさん多数、雰囲気はピリピリしていた記憶があります。

球場全体が狭い!そしてシート感覚も狭いので、席が列のまん中だとトイレに行くのも大変な時代。あの頃はそれから10年後にこんなに変わるとは誰が思っていたのでしょう!?

もちろんその頃にもユニホームを着ている人は沢山いるのですが、球場が真っ赤に染まる近年とは比べものにならない程ユニホーム姿は少なかったです。

人気ない球団がどうして人気ある球団に変わったのか?

昨年引退したあの”黒田博樹”さん。日本からFA宣言してアメリカへ渡った年が2007年シーズン終了の事。その頃は球場へこんなにファンが集うのはまだ夢の時代です。

そして転機が訪れたのが市民球場から現在のズムスタに!そう球場が変わった事でカープ女子、野球にあまり興味ない人でも楽しめるベースポールパークの姿に人は集まり、そして長い暗闇を抜け出し今レギュラーの若手が目を出し始めたのもこの頃。

今の新しい球場(ズムスタ)に変わった年は2009年。そんな昔の話ではないんです。ファンが増えると球団の実入りも多くなり、選手の待遇も良くなり、そして強くなる。良いサイクルが生まれたのがこの数年!

まさに今のカープは黄金時代!?長く暗い時代を抜け出し2連連続セリーグ優勝はファンに大きな喜びを与えてくれました。

50億円の内、私が今年2017年で消費したカープグッズの総額試算してみました。

計算すごく簡単でした!

結果、3100円(税込み)

まったくグッズ売り上げに貢献していないですね私。この内訳はジェット風船1袋4本入り300円×6試合、7本入り500円×1試合分。優勝記念タオル800円。

ちなみに前年もさほど変わらず試合観戦の時に購入した物は試合の7回の裏で盛り上がるジェット風船×試合数。応援にかかせないレプリカユニホーム1着(計2着所持)。私ものに執着がないタイプなのでカープファンなのにグッズは数える程しかありません。

これは鉄道好きな方もそうですが、鉄道を乗るのが好きな”乗り鉄”、撮影好きな”撮り鉄”、車両の分類や編成に詳しい”車両鉄”みたいに、カープファンも応援好き!グッス好き!野球は詳しくなくても選手が好きなどなど。その幅が広い分ファンも増えているのかもしれません。

ちなみに私は球場で飲むビール代、お酒、つまみ代は1試合当たり5000円程度。グッズに興味なくても食べること!飲む事は大好きで野球観戦=生ビールと心から思っています。やはり野球は青空の下でビール飲みながらが最高で〜す!!

50億円はファンから選手へのありがとう!そしてそれは来年もよろしくの応援メッセージ!

多くのファンが真っ赤に染まるズムスタへ!もし野球に興味なくても1度訪れてみて下さい。きっとココにはたとえ野球に興味なくてもその空間を楽める雰囲気が待っています。

☆ブログランキングに参加しています☆

いつも1押しありがとうございます!

今日もポッチと緑バナーを押して順位見て下さいね!

  ↓↓↓


人気ブログランキング




日系MJ