ゲストハウス経営者に求められる物をアメリカ横断ウルトラクイズに学ぶ

福岡空港




Pocket

知力・体力・時の運

これはあの懐かし♪”ニューヨークへ行きたいかぁ〜〜〜”の台詞で始まるアメリカ横断ウルトラクイズの合い言葉です!秋になるとなぜかそんな”ウルトラクイズ”観たくなる、昭和テレビ世代のじゃけんです。

この番組は1977年に始まり、毎年秋から年末にかけ毎週放送されてはお茶の間を賑やかにしていましたが、残念ながら1992年に終了。

1度出たかった!このクイズ番組にもう出れませんが、よくよく考えてみたら宿業は地でそれを日々体感しているなと。今日はそんなアメリカ横断クイズの視点から今私が行っている事を書いてみます。

体力

どの仕事もそうですが、宿業はたとえ素泊まり宿でも朝早くから夜遅く体力が資本です。私は阿蘇移住当初は風邪、業務疲れですぐに寝込んでしまう程体力ありませんでした。しかも医者に言われたあの絶望的状況⇒(このブログ最初のプロローグに書いてます

これではいかん!それから生活環境をかえていき、睡眠、運動(ランニング)、食(とにかく食べる事)、メンタル強化を意識して行い、今では風邪でたまに体調悪くなる数日以外は至って健康優良児です。

それに気力が伴ってゲストさん迎える訳ですが、宿のスタッフ体制によりその気力と体力の維持も大きく変わります。このあたりは以前の記事を一度みてください⇒(ゲストハウス運営は何人が理想?ワンオペで宿始めた私が失敗から得た事

時の運

これはチャンスを逃さない!言い換えられます。まず動いてそこで得た情報やネットワークを頼りに”ここぞ”と思うそのタイミングが時の運。私の場合もある”時の運”、この出来事がなければ今も宿経営していないと思います。その出来事とは⇒(5年計画のつもりが、移住してたった1ヶ月で旅宿を作れた理由

知力

これ私にもっとも自信ない点です。と言うかアメリカ横断ウルトラクイズなら第1問で落ちるパターンが私です。それでも宿経営、いえ!経営者としてはこれモチロン大事な点ですね。

そこで私の場合、先に”時の運”だけで宿を始め、そこから体力をつけて、そしてようやくこの”知力”にトライしてる日々です。元々直感タイプの私は感性だけで突っ走ってきました。

ただ、ここ数年で多店舗展開を始め、そしてゲストハウスブームを受けこれまでの直感だけではこの先生き残れないと直感!?

そこで昨年から行動心理学に秀でた方の勉強会に入り毎日勉強しています。これは有料ですが、やはり自分でお金を払って勉強しなければ結果や効果も期待しないため、私はこれは投資と思っています。

先日、その先生の講演会が下関で行われると知り行ってきました!やはり自分に足りないものは人から学ぶのが早いですね!そして聞いてそれを自分なりに実行する!これが大事だと思います。

今から2年前ならゲストハウス誰でも運営できます、ただ既に始まったと考えるゲストハウスブームのピーク越え!

これからのゲストハウスは運営者のスキルにより雲泥の差が出ます。それをわかって始める人は尖った(個性ある)宿でブーム後も残る宿を作るでしょう。

なんとかなるだろうではこれからなんともならなくなります。ゲストハウスブームのピークは既にすぎたと思いましょう。これからはなんとかなるだろうはなんともなりません。

 

昨日より今日、今日より明日がより充実するため宿の現場、このブログ、体力づくり、勉強を日々行っています。できればその先にアメリカ横断ウルトラクイズに出たいのですが……この番組の復活を心より願ってます。

☆ブログランキング参加しています☆

開始5日目!みなさんのバナープッシュ!おかげで2位!では満足しません!1位を!

あなたのポチがパワーになります!ポッチと下の緑バナーを押して見て下さいね!

  ↓↓↓


人気ブログランキング




福岡空港