立ち上げるのは簡単!流行らすのが難しい!ゲストハウス成功へ3つの鍵




Pocket

月末会計とブログ!今日は1日中パソコンに相手して貰う日、じゃけんです!

11月始まりました。同時にめっきり冬をまじかに感じる肌寒さ。それでもこういう季節感は大好きです!なんかいいですよね!季節の変わり目はピリッと身が引き締まります。

そんな11月はゲストハウス関係の講演依頼も入っており、宿業とこのブログ出張休み(これも大事)とそれに博多の秋はむちゃ楽しみな落語、バルウォーク、大相撲観戦etc……せっかちな私らしく動く事になる11月始まりました。

このブログ開始して10日。予想よりも多くの人が見てくれています!見てくれててるみなさんありがとうございます!

もしアクセス数が0になったらこのブログ辞めます……がっ!1人でもみてくれる限り書き続けます。

今月も張りきってゲストハウス関連・コラム・日常・たまにカープの話題、1日1記事を毎朝7時に新記事UPしていきます。

今日のテーマはずばり!

”ゲストハウスは立ち上げるのは簡単!流行らすのが難しい”

これだけゲストハウスが増えると名前こそゲストハウスでも実態はホテルの様な設備ともてなし……だったり、ドミトリー(相部屋)さえ作ればゲストハウス!と思っている様な宿があったり……

これはゲストハウスの定義があってない様なもの、ブームだからとりあえず”ゲストハウス”と名乗り、ブーム過ぎたら賃貸マンションなどに展開を考えてる施設もあります。

そもそもなぜゲストハウスは立ち上げるのが簡単かと言えば、簡易宿泊業を取れば(以前のブログで書きました地域の協力はもっと大事)営業できるわけで技術、国家資格が不要。

やろうと思えば物件とそれを改装して許認可とれたら誰でも出来るからです。

流行らすのが難しい

それだけ簡単につくれる分、落とし穴に気づくのはオープンしてからです「なんでこんなに人来ないんだろう……」「こんなはずではなかった……」あなたがそう思わないために、私が15年旅宿を営んで気づいた事を書きます。

  最大に伝えたい事!それは……”立ち上げる前に出来る事は全てしておく”

以前からリサーチ、周辺への理解の大事さをお伝えしていますが、それらは長く続けるために必要な事。もう1方で大事な点は運営していくために”赤字”にならない事、そしてあなたのモチベーションが落ちない事

この2つは大きく関係しています。それは黒字ならあなたも笑顔でいつも安心して過ごせますね。逆の場合、いつも不安で笑顔が消えてしまうと思いませんか?

流行らす事とは黒字にすると言う意味もありますがあなたがなぜゲストハウスをしたいと思ったのか?”

その気持ちを持続にするためにも必要です。勝負の分かれ目はオープン前にしておく事にあると私は考えます。

それにはオープンしてからでは宿に常駐していると考えた場合ほぼ身動きとれません、では、具体的にどんな事をしておくべきか?

1,スタッフを経験する

私自身は旅宿を最初に立ち上げるまでスタッフ経験0でした。試行錯誤しながら5年、10年と時間をかけデータを集め、どうしたら良い宿が作れるのだろう?を考えては行動する日々でした。

つまりゲストハウスを立ち上げる人は経験なしでもオープンしてから1つ1つ必要な事を考え行動していけば良いのですが、それだけで成り立つためには、やはり早い段階で黒字化しないと宿が続かないですよね?

そこで経験をお金を払わず、逆にお金を貰って経験を得れるのが宿スタッフになる事。これはヘルパー(フリーアコモデーション)ではなくお金を貰って働くスタッフが断然お勧めです。

その違いはヘルパーさんはある意味ゲストさん対応(働く時間が短い、業務もスタッフに比べとても少ない)。その分実際に自分で宿をやる際に必要な接客、クレーム対応、メール、SNS(営業)、経理、売り上げ管理を得る事が出来ません。

これを経験するにはやはりスタッフになりその宿から任される事。もちろん、宿の規模、その宿のやり方でどこまで教えてもらえるかわかりませんが、自分が行う宿を考え、その手本となる理想の宿をみつけそこに打診する事でその1歩が進みます。

年数は長ければ長い程経験を積めます。ただ、あなたが将来ゲストハウスを何年後にやる!と決めていたらそれを事前にその宿へ最初に伝え、その時間を逆算して修行すると目標が立てやすいでしょう。

2,ネットワークを作っておく!

あなたがゲストハウス開業目前になりDIYお手伝い募集します!さて何人来てくれそうですか?これは以前にも書いたお手伝いさんは開業後のファンになってくれます。

オープンしたら宿を開けて外に出れる時間は限られます。そうなると新たなネットワークを作るにはどうしても周囲に限られるか、泊まりに来たゲストさんに地道に集客を延ばしていく事、それか宿を休んで出かけるか。

それよりまだ身軽に動けるオープン前に1人でも多くネットワークを作っておく!そのためにどんどん新たな人と出会い、その場で終わらないようにSNSで繋がる事が、後にお手伝いに来れない人でもFBでシェア、応援してくれる確率あがります。

3,今度○○にゲストハウスをつくります!宣言する

案外、自分でいつと決めていてもまだ建物決まっていないし、人に言うのはまだ早い……。そう思っていませんか?

やると決めたならまだ物件決まっていなくても、何年か先でもまず口にだして他人に伝える事は、それで自分自身の目標となり、相手もこの人がゲストハウス作るならこれからも応援したいなぁ。そう思ってくれるチャンス。

ゲストハウスを立ち上げるのが難しくない分、それを自分で考えオープンしてから良い宿にしていくのが難しい。それにはやはり経験が大きく左右します。

そこで経験する数年はきっと給与以上にその後のあなたの宿にプラスになるでしょう。

ちなみに、ゲストハウス”阿蘇び心”で働くスタッフの数名は自分のゲストハウスを地元で立ち上げるため、修行としてここで一緒に働いています。その内2人が今年末、2月末で卒業します。

2人ともここにいる時からゲストハウスをやります!とゲストさんに堂々宣言しています。ここで得た経験を元にきっとこれまでの縁が繋がり良い宿を作ると思います。そんな方には私も出来る事は全力で応援していきます。

まとめ  ゲストハウスを立ち上げから早く軌道にのせるためにはオープン前が大事です。1、スタッフを経験する 2、ネットワークを作っておく 3、宣言する。これがオープン後に差がでるポイント!言ったらあとは行動あるのみ。