インバウンド過去最多更新より自分自身で驚いた???が!!!に変わった事

思考




Pocket

過去最多更新!年間4000万到達まであと数年?

日本を訪れる外国人旅行者(インバウンド)年間最多となった昨年2403万人。今年(2017年)は11月4日時点で早くもそれを上回ったそうです。

政府は2020年にインバウンド4000万人まで増やすと掲げていますが、本当に実現するかもしれませんね!

そんな2017年の私と言えば、前半はB&C GakubuchiDIYにあけくれ。後半は宿業務の日常に戻ったと言っても店舗もスタッフも増えた今年はこれまで以上にやるべき事が多い1年を送っています。

何よりも!これほど考えた1年は過去なかった。

私は元々直感タイプ!それは深く考えず行動すると言う事。そして1回やって駄目ならはい次!その次!と考えるより行動していました。

それがこの1年は実際にやってみてそれがなぜ上手く行ったのか?うまく行かないのか?それを考える事ができた1年(まだ終わっていないですが)。その差はどこからきているかと言えば、以前も書いた1年前から始めた行動心理学の勉強。

人はなぜそれを買うのか?なぜ宿に泊まるのか?

それには必ず理由がある。その世界で有名な方の会員となり日々思考の訓練。最初はまったく自分でもその内容について行けず???

それが、諦めずとにかく資料を読む事に始まり、それを行動に換え見直しを再度行う。それを1年間行っているとある時、変化が生まれた!

物の見方が変わってみえる!

それまでは気づかなかった事、それまではスルーしていた沢山の事。それが意識して過ごす内にいつの間にかそれに気がつくようになっている。これは???!!!に頭の中で変わった感じ。

インバウンド、ネット時代を気にしなくなる。

そんな思考がつくとある重要な事に気づく。それはどんなに便利な世の中になって次々と新たなAIが出てきても、その便利さを追い求める事ではなく、どんな時代でも人が心から喜ぶ事、宿なら目の前のゲストさんが喜ぶ事を当たり前にしようと冷静に考えます。

何より目でみて話をして考えそれを実行すればいい。

インバウンドが多くなればモチロン!うちの宿も恩恵を受けるでしょう。ありがたいことです。ただそれは他力本願。私はそんな人数に頼る事よりも目の前のゲストさん、そして宿を選ぶ時に「この宿にしよう!」と選ばれる宿づくりをする方を選びます。

思えば阿蘇で最初の宿をやるとき、今やっている事は共通点!

今から15年前に阿蘇で旅宿を始めた時の私は1年間は無給でした。それは自分がそんな宿をしたいから阿蘇へ移住。5年計画がたった1ヶ月で宿が出来た。そこでもし全ての目標を手にいれたら、そこで進化が停止するのでは?

そこで自らにかせた事は修行。それは勢いではなく自力をつけて宿を安定させていく期間。それが当初の1年は必要と考えたから。

そして2017年。自分への投資としての勉強。それはやはり自分へ課せた経験。楽をしようとすればなんでもそっちを選んでしまいそうになります。何より年と共に経験を重ねるとそれまでの判断で行っている事がよくあります。

時にはそれが大事ですが、時代は常にかわり、自分達を取り巻く環境は今大きく変化しています。そんな時になるようになれ!ではなるようにならない時代に来ています。

宿を長く続けようと思った時、自分へ負担をかける事で後で活きる事が増えると思います。これからゲストハウスを行う人もまず経験する事をおススメします。

自分がゲストハウスを作る前に他のゲストハウスで経験を積んだ時間はきっと後に活きてきます。作るのは簡単流行らす事が難しい。

流行らすとは人数の多さの意味もありますが、ゲストハウスをやる時に抱いた気持ちを継続させる事。その気持ちを長続きさせるには開業までに時間の過ごし方にあります。是非、修行を経て良い宿を長く続けて下さい。

☆ブログランキングに参加しています☆

いつも1押しありがとうございます!

今日もポッチと緑バナーを押して順位見て下さいね!

  ↓↓↓


人気ブログランキング




思考