情報はタダではない!価値を作るためにも日々の仕入れは大事!

日経MJ




Pocket

  1. ネット社会で情報量過多ですが、その中に役立つお宝必ずあります

こんにちは!どんな時も!どんな時代でも新聞を読むクセをつけている”じゃけん”@43才です。ここ数年は毎日決まった時間はみれないのですが、それでも貯まった新聞を移動時間、食事の時など見るようにしています。

ネット社会ですが、そんなネットではない価値が新聞にあると私は思っています。

そんな私の愛読新聞はこちら!

日経MJ

日経MJ新聞

これ元々「日本流通新聞」として発行され、いまはMJ(マーケティングジャーナル)として毎週月・水・金曜日に発行されます。いまでも私は博多の宿で購入してはこれを見て情報収集しているんです。

私が日経MJを愛読する3つの理由

そもそも沢山の新聞がある中で私が情報収集としてこの日経MJを選んでいるわけを書きます。

1. 自分で得るには莫大に必要な情報収集時間が短時間で手に入る

新聞記者さんはすごいと思います。それは自分の足で何時間もかけ移動してそして粘って話を聞き出し、それを会社に戻って編集して修正してようやく記事になるには1記事でどれだけの時間がかかるのか……記者さんいつもありがとうございます!

それを読み手は珈琲飲みながらゆっくり情報を取れる。ネットではどうしても自分が興味ある記事に偏りますが、この新聞は今流行っていることをさまざまな分野、視点で教えてくれます。

2.毎週3日だから継続しやすい

毎日新聞を読むとなるとどうしても時間が限られて過去の私の経験は全体の中で気になるニュースしかみなくなります。そうなるとほとんど新聞の中身読むと言うよりも、スポーツの結果、1面記事だけを気にするようになっていきました。

それならネットでみた方が早い時代です。このMJは週3日のため1つの新聞を2日かけ、その2日の間に時間をみつけて読める。これは私にあってます。読まなければのプレッシャーがなく、2日おきなら読みたくなるんですね。

3. 写真が多いから疲れない

大事なのは案外これの気がします!普通の新聞は文字だけ、たまに写真を入れ込むイメージですが、この日経MJは写真。しかもカラー写真をバシバシ惜しみなく使っています。

そのため記事を読むと言うより、写真を見て記事を眺める感覚で疲れないんです。そしていつの間にから読み終えてる。これで実験した事があるんですが、うちの宿でテーブルにMJ新聞を置いておきました。

すると海外の方(日本語わかりません)イスに座って、日経MJを楽しそうに眺めるです。それも結構な割合です!その光景をみて思いました。新聞は文字と言う先入観があるとなかなか手にしない。

ところが同じ新聞でも写真が多く目についたら誰もが見たくなる確率はあがる!これってブログも同じ事がいえそうです。と書いた所でこのブログ、写真少なく!文字多い=読みにくい……

はい!日経MJのすごさを書いたつもりが、自分のブログに足りない重大な事に気がつきました!気づかせてくれた”MJ”ありがとう!!これからも愛読します。

☆ブログランキングに参加しています☆

いつも1押しありがとうございます!

今日もポッチと緑バナーを押して順位見て下さいね!

  ↓↓↓


人気ブログランキング




日経MJ