宿を営む私が意識して言わなくなった2つの言葉

阿蘇池山水源




Pocket

1日が1時間ごとにすぎてゆき……

「島唄」で有名な”THE BOOM“の”ないないないの国”と言う曲のワンフレーズです。惜しくも解散してしまったブーム。私は高校生の時からブームが大好きでライブに行ったり、あろうことか”ギター”を買ってコピーバンドしようとしたり(すぐに挫折)

そして解散が決まった3年前、東京(武道館)で行われた解散ライブにも行きTHE BOOM最後の姿を目に焼き付けてきました。

ちなみにブームは島唄のイメージが強過ぎますが、メンバーは山梨と東京出身で構成されておりメンバー誰1人沖縄出身者はいません元々スカバンドから始まり、他国籍な音楽を迄幅広く演じている中でたまたま”島唄”が大ヒットした経緯があります。他にも有名な曲は「ブランカ」「星のラブレター」

話脱線してますが……最近の私は1日が1時間ごとにすぎてゆき”な感覚です。もちろん誰もが公平に1日24時間なんですが。最近のとある1日はこんな感じです。

<ある日の私の1日>

朝7時 ・起床と同時に太宰府店立ち上げ(館内水回りチェック、電気つけたり)

・メールチェック

・ゲストさんにサービスのモーニングドリップ珈琲入れて談話&情報提供

・近隣掃除

・日課のラジオ体操

・朝ご飯(最近マイブームは”うどん”)

・各店の業務報告確認とレスポンス

・SNS(ブログ、FB、ツイッター)仕込み

朝10時〜 掃除 

12時  ランニング(4〜5kmほど景色楽しみながら)&時間短縮するためランチと夜の材料をスーパーで買う

13時〜 シャワー後、日経MJ読みながらランチ(この日は弁当)

14時〜 昼寝(15分〜1時間)

14:30〜 チェックイン準備

15時〜20時 チェックイン対応

・ブログ仕込み(宿とこのブログ)

・メール対応

・年賀状作成、講演の資料づくり、スタッフ師走のシフト作成etc・・・

20時〜 ゲストさんと”談話室”でシェア飯パーティー!

23時  消灯(片付け、清算、館内みまわりと水場チェック)

0時  寝る ZZZ

ざっとこんな感じです。以前にも書きましたが宿業はたとえ素泊まりでも自分の時間がかなり限られます。もちろん毎月休みをとるのでその日はこの真逆でまったりする日もあります。

この表をあるセミナーで公開した時「忙しそうですね!」と言われました。

宿をはじめた当初は心に余裕が全然なくて毎日に追われていました。そんな時に人と会うと「忙しい」「頑張ってます!」とよく口にしていました。その時はそれが当たり前だと思っていたんですね。

どんな時も心にゆとりを持つ

そんな時に出会った人が私に何かを頼みたくてもその言葉で縁を逃がしていると気づいたのはそれから数年後(遅っ)。それまでは目の前の事しか見えず、それが当たり前と思っていた自分がようやく周りが見える様になりハッ!としたんです。

そして考えました。その人が何か頼もうとした際の合図の言葉が「忙しそうですね!」それまで私はそう訊ねられると何も考えず忙しいです”と答えていました。

忙しいと頑張ってます2つの言葉を使わない

そして、これで縁を逃がしていると気がついてから「忙しそうですね!と声を掛けられたら「やること沢山あるのありがたいですよ」に変換しています。同じようでもこの答え方で相手のその次に出る言葉があきらかに変わりました。

そして以前は”頑張ってます!”と自分で言ってしまうケースが多くありました。それは置き換えると”いっぱいいっぱいです”と自ら言っていると気がつき、今では”忙しい””頑張ってます”この2つの言葉を私は使わないようにしています。

これが宿の現場だとゲストさんに”忙しそう”と思われてはいけないので、なるべくこの言葉と共に行動をゆっくりにするように心がけてはいるのですが、何分せっかちな正確でいつもバタバタと動いてしまい行動で”忙しそう”をやってしまう事があります。

そう簡単に口から出る言葉、行動は変えれないものですが、意識していく内に身についてきたらそれは大きな変化の入り口だと思います。そんな訳で今日もやること沢山あって良かった!また明日!

☆ブログランキングに参加しています☆

今日もポジティブに1押しありがとうございます!ポッチと緑バナーを押して順位見て下さいね!

  ↓↓↓


人気ブログランキング




阿蘇池山水源