価格ではない価値に応えるお店ここにあった!

向島のチョコ




Pocket

噂以上です!

昨年あたりからこのお店の話をちょくちょく耳にするようになりいつか行ってみたい。それは広島県の向島にあるチョコレートショップ。先日、そのいつかが訪れ行ってきました。

向島

ありえない立地

の上にあるよ」そう聞いていたのですが、車で行く道中。予想以上の山奥まで車は進み「本当にこの道であってる?」と思わず言ってしまう程、山道でしかも狭くて離合も困難な道を行くとありました。

向島

朝10時すでに駐車場は車ぎっしり

訪れた日が土曜日と言う事でこんなに多いのかと思ったんですが、どうやら平日でも訪れる人は多く日によっては午前中で売り切れてしまう事もあるそうです。それよりも想像していたのは古民家、それがまさにTHE昭和の行政建築物。これにまず目を奪われます。

USHIO

USHIO CHOCOLATL

至って普通の建物、館内もあまりにも普通。案内看板も特にオリジナリティがある訳でもなく。この目印となる「チョコレート工場2階」それを確認して階段を登ります。

usio

テーブルに並べ慣れたこの日は4種類のチョコ

ここで作られるチョコレートはカカカオ豆と砂糖だけで作るシンプルで深い味わい4種類。オリジナルデザインの包装紙に包まれた六角形がめを惹きます。

向島のチョコ

工場長が豆の買い付けに行き、素朴でありながらチョコレート本来の味わいを、試食があるので好みを選んでから購入できます。

カフェ併設

店内では珈琲を飲めるスペース併設。ここからの眺めは絶景(あえて写真はありません)。その景色にも驚きましたが、この場所でこれだけ多くの人が4種類のチョコから自分の好みを選んで買う光景が珈琲1杯飲む間に延々続いている事に衝撃を受けました。

ここで肌身で感じた事、それは家の近くで100円のチョコレートが24時間いつでも買える時代に家から遠くまで車で何時間もかけ1枚700円のチョコレートをわざわざ買いに行く行動。

それはただチョコレートを食べたい、買いたいからここへ来るのではなく。そこへいくストーリー。そしてこのチョコが持つこだわりを自分の目で見て選ぶ体験。それにより1枚のチョコレートが持つ価値は大きくかわっている事。

立地ではなく値段の安さでもない、その価値が人に伝わった時にその行動は起きる。それを目で見えた刺激もらった出来事でした。これを自分でも活かそうと思い、それを気がつかせてくれたお礼にチョコレートを買って帰りました。

『USHIO CHOCOLATL』

Tel: 0848-36-6408
E-mail: ushiochocolate@gmail.com
Adress: 〒722-0071 広島県尾道市向島町立花2200

○ホームページ⇒(こちらより

☆このブログは九州でゲストハウスを4店舗営むオーナーじゃけんが実際に旅に出た時の様子を書いたものです。毎日更新、日本の旅宿の現状とこれからなどを発信しています。よろしければ他の記事もご覧下さい⇒「Guest House Real Story

☆ブログランキングに参加しています☆

いつも1押しありがとうございます!今日もポッチと緑バナーを押して順位見て下さいね!

  ↓↓↓


人気ブログランキング

 




向島のチョコ